睡眠時無呼吸症候群の検査の話|大阪市都島区 すぎもと医院

すぎもと医院 06-6924-7077

  • HOME
  • 院長ご挨拶
  • 診療のご案内
  • 当院で可能な検査
  • 院内設備
  • アクセス

睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の検査について

PSG(ポリソムノグラフィー)検査は睡眠時無呼吸症候群を診断する検査の名称です。

当院では通常、簡便で検査の費用も安い簡易PSG検査から行った上で適応を判断し、精密PSG検査を行います。当院では簡易PSG検査も精密PSG検査も入院無しで患者様のご自宅で行っております。

簡易検査(簡易PSG検査)←まずは白か?(正常)、黒か?(重症の睡眠時無呼吸症候群)、灰色か?(睡眠時無呼吸症候群の疑い)を判定

手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べる検査です。当院では受診後に検査機械の説明を行い、自宅で機械を装着し一晩寝てもらった後に自宅まで回収にお伺いします。検査結果は翌日には出ておりますので結果説明を致します。

当院ではまず簡易PSGを行い、白か?(正常)、黒か?(重症の睡眠時無呼吸症候群)、灰色か?(睡眠時無呼吸症候群の疑い)を大まかに判定します。白の場合は治療の必要性はなく、黒の場合はCPAPなどの治療介入が早急に必要で、灰色の場合は下記の精密検査(PSG検査)を勧めております。

精密検査(PSG検査) ←灰色の場合(睡眠時無呼吸症候群の疑い)に行います。

終夜睡眠ポリグラフ(PSG)検査といいます。
一晩眠りながら呼吸状態や脳波、眼球、筋肉の動きなどを記録し詳しく睡眠の状態を調べた上で、睡眠時無呼吸症候群(SAS)の確定診断を行います。
通常は専門の医療機関に入院して行う検査ですが、当院では自宅まで臨床検査技師がお伺いし出張でPSG検査を行う方式をとっておりますので、入院する費用や手間が不要なため患者様に優しい検査を提供できると考えております。

すぎもと医院の睡眠時無呼吸検査について(当院の特徴)

従来の睡眠ポリグラフ検査(精密PSG検査)は、病院やクリニックの個室に1泊2日入院して検査を行っていましたが、当院では患者様のご自宅で精密PSG検査を行っていただく方式を採用しております。そのため従来の入院した上で行う精密PSG検査と比較して入院する手間も無く、自己負担金額も大幅に抑えられます。

3割負担の患者様で

簡易PSG検査(入院は不要) 約3,000円

精密PSG検査(当院では入院不要)

当院の場合 検査費用のみ 約1万円
入院検査の場合 入院費用+検査費用+その他 約3万~5万円

※初診や保険の種類で若干費用は異なります。

CPAP治療でも、睡眠時無呼吸症候群の専門クリニックとして経験豊かな医師、看護師、検査技師、コーディネーターが検査結果を丁寧に説明するだけでなく、日頃のCPAPの管理に関しましても患者さま一人一人に寄り添ったアドバイス、機器の調整などを行っていきます。 またお気軽にご相談ください。

睡眠時無呼吸症候群診療の流れ

初診時

当院は出来るだけ診察を受けて頂きやすくするために予約制にはしておりません。
平日(水曜日は休診)は9時~12時半、17時~20時、土曜日9時~12時半の間にご来院ください。

  • 診察時にお持ちいただくもの
    ・保険証
    ・服用中のお薬がある方はお薬手帳などのお薬の内容がわかるもの
  • もしお持ちであれば
    ・以前、他院で行った睡眠時無呼吸症候群の検査結果、CPAP治療経過など
    ・人間ドックや健診で引っかかった方はその検査結果

検査当日

  • 簡易PSG検査の場合
    コーディネーターが自宅、もしくは職場まで検査の機器をお届けに上がり、一晩装着し検査を行っていただいた後、翌日にでも機器を指定の場所まで引き取りにうかがいます。
  • 精密PSG検査の場合
    臨床検査技師が患者様のご自宅にうかがい、検査機器を装着させていただき帰ります。
    一晩検査を行った後、翌日検査機器の取り外しにうかがいます。

検査結果説明

簡易PSG検査は約2日後、精密PSG検査は約1週間後、検査結果を医師が説明し今後の治療方針を相談いたします。特に精密PSG検査は専門の臨床検査技師がきめ細かく判定しますので1週間くらいの時間を頂いております。

電話番号:06-6924-7077

スタッフ募集

インターネットからの初診受付サービスはこちら

オンライン診療「クリニクス」

PAGE TOP